Tweedmill(ツイードミル)は、1970年にイギリスのノースウェールズ地方にあるアホンウエンで、John Carter(ジョン・カーター)により“ツイードミル・グリーンウッズ”として設立されました。その後、Jackie Ryan(ジャッキー・ライアン)をセールス・ヘッドとして雇い入れ、1997年に彼女がブランドを買取りました。彼女の功績は大きく、ツイードミルをイギリスの大手繊維メーカーとして築き上げましたが、2015年に残念ながら逝去してしました。現在はジャッキーの長男である Bart Ryan-Beswick (バート・ライアン・ベスウィック)が運営を引き継いでいます。

バート・ライアン・ベスウィックは、長い間テキスタイル業に携わっており、引き継いだ時既に40年を超えるブランドであったツイードミルを、その品質と価値を、拡大する事を願っていました。それは、強力でシンプルな倫理に由来しています。つまり、自分自身が受ける事によって得る幸せを、サービスや製品として提供したいと考えています。ブランドは年々成長していってもお客様とお客様が探している物を見つけだして届け続けるというのが彼の思いです。

現在では、創業よりの伝統的なスカーフ、ストール、ブランケットなどに追加されたソファーやベッドカバーなどライフスタイルをトータル的にプロデュースしています。特に人気の高い大判のチェックのウール素材のストールやブランケットは厳選された素材を元に丈夫で軽くまた保温性に優れているため多くのユーザーのお気に入りになっています。

顧客には企業団体では、ウィンブルドン・ローン・テニス・クラブ、ヘンドリック・ジン、ジャガー、ランド・ローバー、P&Q シッピングカンパニーなどに供給したことがあり、個人では、女優のアンナ・フリエルはクッションやひざ掛け、公人のジェームズ・ミドルトンはブランケット、元サッカー選手のデビッド・ベッカムは彼の子犬のためにドッグコートを買い求めています。

ツィードミルは美しい生地から高品質の製品を生産しています。感触、見た目、品質を可能な限り詰め込んだ品物を製造することに誇りを持っています。

現社長であるバート・ライアン・ベスウィック氏曰く「私はこのような華麗な会社を経営することができて非常に誇りに思っています。今日、私たちの前で何ができるかを達成するために、多くの長い日々の仕事でビジネスを構築してくれたMother Jackieに感謝しなければなりません。 ツイードミルで働くスタッフは素晴らしいです。お客様には完璧なサービスを提供するために最善を尽くしています。」と語ります。

ツイードミルは英国のメーカーである事に誇りを持っています。彼らが拠点を主にフリントに選んだのはディー川の端に位置しているからです。また、フリント城も彼らに毎日のインスピレーションを与えて素晴らしい織物を作り出しています。玄関先にフリント城を持つこの場所でこれからも最高の品物を作り続けていきます。

Item

Sehm international

セムインターナショナル株式会社

〒813-0034 福岡市東区多の津1-12-3

TEL:092-622-5221

セムインターナショナルは、イギリスの高品質なブランケットやストールを生産するTWEEDMILL(ツイードミル)の輸入・販売・卸を行なっています。

Copylight(C)2018 sehm group Co.Ltd.All Rights Reserved