Ray-Ban Genuine Since 1937 

サングラスに求めるすべてがここに 。

「光線(Ray)を遮断する(Ban)』という意味を持つRay-Ban。1937年の誕生以来変わることのない信念はただひとつ、優れたサングラスであること。 

サングラスの原点と言うべき機能そのものに由来するRay-Banの名は、その信念が永遠であることを意味する。

光学技術に裏づけされたクオリティは、パイロットをはじめとする多くのプロフェッショナルたちに支持され、また卓越したデザインは、世界の名優たちの表情を演出するギアとして愛され、幾たびもスクリーンに登場する。 21世紀には、格段の広がりと深見を醸すクリエイティブなデザインを送り出し、スタイリッシュな新世代ファンからも絶大な支持を獲得する。

半世紀以上の歴史と世界が愛し続けるRay-Ban。 幾世代にわたるファンとその時代が求める「優れたサングラス」の理想形の全てをかなえ、サングラスの歴史そのものを作り続けるリーディングブランド。 その進化に休符を打つことはない。  

・1952:WAYFARER RB2140

レイバンが初めて開発したプラスティックフレームサングラス。プラスティック素材の特性を活かし、フレームのカラフル化に成功。ロックミュージシャンが反体制のスピリットの象徴として、多くのアーティストが着用。 

「理由なき反抗」(1955)ではジェームス・ディーンが、「ティファニーで朝食を」(1961)ではオードリー・ヘップバーンが着用し、瞬く間にファッションアイテムの一つとされた。「ブルース・ブラザーズ」(1980)を始め、数多くの映画でも登場する。 

・1986:CLUBMUSTER RB3016

『クラブマスター』は、50年代のブローラインデザインからインスピレーションを受けたデザイン。テンプルとブローバーはアセテート、フレームにはメタルを施したコンビネーションが個性と差別性あるデザインに仕上 がっている。知性の象徴、反体制のスピリットが宿るこのモデルは、映画「マルコムX」(1992)でデンゼル・ワシントンや、「レザボアドックス」(1992)は、ティム・ロス。「グッド・シェパード」(2006)や「リプリー」(1999)のマット・デイモンや、「JFK」(1991)のケビン・コスナーなどが映画で演じているように、『クラブマスター』は不朽のファッションや成功としてのシンボルとして演出されている。 

Sehm international

セムインターナショナル株式会社

〒813-0034 福岡市東区多の津1-12-3

TEL:092-622-5221

セムインターナショナルは、サングラスの定番ブランド、Ray-Ban(レイバン)の輸入・販売・卸を行なっています。

Copylight(C)2018 sehm group Co.Ltd.All Rights Reserved