世界4大大会の全てを制し”グランドスラマー”と呼ばれた偉大なテニスプレイヤーであるフレデリック・ジョン・ペリー。

彼は引退後の1940年代後半、当時あまり優れていたとは言えなかったスウェットバンド(リストバンド)の開発を彼の愛称“フレッドペリー”の名を入れてスタートさせました。

ベストドレッサーとしても認知されていた彼がこれにとどまらず、シャツの製造を開始したことはごく自然な流れでした。

この時はじめて正式にウィンブルドンから許可を得、今日にも継承される月桂樹のマークが誕生することとなった。ルーズなシルエットのシャツがあふれていた当時、フレッドペリーの体にフィットするシャツはエリザベス女王が話題にするほど英国に浸透していきました。

そして1960年代、ロンドンのカーナビーストリートから当時ファッションカルチャーの最先端であり世界中に影響を与えたモッズが登場します。夜通しクラブで踊り明かす彼らのライフスタイルにもフレッドペリーのシャツがフィットしました。これを機にフレッドペリーは単なるスポーツブランドではなく、ファッションとクロスオーバーした世界的にも類を見ないユニークなブランドイメージを確立していきました。

今や、ローレルリースロゴは50ヶ国以上にあるショップやそのカスタマーを通じて世界中で認識されています。フレッドペリーはユニークなスポーツウェアのバックグラウンドと、ミュージックヘリテージを持ったグローバルファションブランドへさらなる進化を遂げています。

【フレデリック・ジョン・ペリー】

1909年5月18日、イングランド北部の工業都市ストックポートで誕生。生まれ持っての才能と努力から19歳で卓球の世界チャンピオンになった2年後には、テニスのデビスカップメンバーとしてコートに立っていました。ウィンブルドン3連覇をはじめ、全米選手権を3度、全豪、全仏選手権もそれぞれ1度ずつ制し、史上初のグランドスラムを達成した伝説のテニスプレーヤーです。

貴族階級のスポーツだった当時のテニスにおいて、ワーキングクラス出身者が活躍したことは画期的で、その後も2012年までイギリス人から4大大会チャンピオンが生まれることはありませんでした。旅が好きで縛られることのない自由な性格だった彼は、4度の結婚と7回の結婚式を挙げるほどロマンスの絶えない人生で、類稀なるスポーツマンだったと同時に人を魅了するパーソナリティを持っていました。1995年にコメンテーターとして渡ったメルボルンで没後、彼の遺灰は今もその功績を称え建てられたウィンブルドンの銅像下に埋葬されています。

Sehm international

セムインターナショナル株式会社

〒813-0034 福岡市東区多の津1-12-3

TEL:092-622-5221

セムインターナショナルは、いわずと知れた月桂樹のマーク、ポロシャツが人気のFRED PERRY(フレッドペリー)の輸入・販売・卸を行なっています。

Copylight(C)2018 sehm group Co.Ltd.All Rights Reserved