Dr.Martens(ドクターマーチン)は、独自のソールによる機能性・耐久性に加え、あらゆるファッションにコーディネイトできるシンプルなシルエットを持ち、時代を超えた定番のフットウェアとして、世界中の様々なカルチャーとファッションをリードし続けています。

1901年イギリスのノーサンプトン州ウォラストンにて製靴業をスタートしたグリッグス家は、耐久性のあるワークブーツを作る老舗的な存在として知られていました。1945年、戦後のミュンヘンにて、兵役に従事していた25歳のクラウス・マルテンス博士がユニークなエアクッションソールを発明しました。戦後に残っていた靴修理屋の靴型と針を廃物利用して靴のプロトタイプを作ったマルテンスは、それを機械工学の知識を持つ大学時代の旧友、ヘルベルト・フンク博士に見せました。そこで、この2人はパートナーシップを結び、使用されていない軍事用品を原材料として用い、独自の靴の生産し始めたのです。1947年までに正式に生産を開始した2人のビジネスは、10年経たないうちにとても上手くいくようになりました。1959年には、彼らの革新的な靴を海外の雑誌などに宣伝しようと決めたのです。

この頃には、グリッグス家三代目のビルが、兄弟のレイとコリン、そして息子のマックスと共に会社を運営していました。ある日、靴業界の雑誌を読んでいたビルの目に、ドイツ人が掲載した独創的なエアクッションソールの広告が飛び込んできました。そのエアクッションソールの製造特許を獲得した同社はいくつかの変更を加え、そのよりよく改善されたヒールと丸みを帯びたシンプルなアッパー、独特の黄色のウェルトステッチ、ツートンの溝付きソールエッジ、そして、ユニークなソールパターンを備えるブーツを製造しました。

「Air Wair」と命名された、このブランドは黒と黄色のヒールループで仕上げられ、そのブランド名と「With Boucing Soles(弾む履き心地のソール)」の謳い文句を掲げて世に登場しました。生産ラインが1960年4月1日に開始したことから「1460」と名付けられたドクターマーチンの8ホールブーツがここに誕生したのです。

Sehm international

セムインターナショナル株式会社

〒813-0034 福岡市東区多の津1-12-3

TEL:092-622-5221

セムインターナショナルは、靴・ブーツを製造するイギリスのブランド、Dr.Martens(ドクターマーチン)の輸入・販売・卸を行なっています。

Copylight(C)2018 sehm group Co.Ltd.All Rights Reserved