1919年ニューヨーク州ロチェスターで、アメリカを代表する・スポーツアパレルブランドである『CHAMPION』は誕生した。

エイプ&ウィリアム・フェインブルームの2人の兄弟がニット製品の卸販売を始め、チャンピオン・ニットウェア・カンパニーとしてセーターの製造・販売事業をスタートさせた。その高い品質を認められたチャンピオンは、アンダーウエアとしてスウェットのオーダーを受けるようになる。

1934年に考案されたリバースウィーブ製法は現在も採用され続けている究極の製法。

全てのスウェットはチャンピオンから始まったといっても過言ではない。

このスウェットシャツが後に米軍の訓練用ウェアや大学のアスレチックウェアとして注目され、さらにブックストア(大学生協)を通してタウンウェアとして一般の学生へと広がっていった。やがてプロスポーツの世界へも。

誕生して96年。いまでも進化を続けているアメリカンスポーツカジュアルブランド「CHAMPION」の歴史はこのロチェスターから始まった。

米軍には「militaly specification/ミリタリースペック」通称“MILLスペック”という軍装品に関する厳しい基準がある。その厳しいテストをクリアしないと正式に採用されることはない。こうした検査機関の代表がNATICと呼ばれる検査機関で、軍装品研究開発の機関である。NATICの最新鋭の検査機関をクリアした製品は、クオリティにおいてお墨付きをもらったも同然である。米軍が兵士に訓練用として初めて採用したトレーニングウェアはチャンピオンのスウェットであり、その後、直接軍部や軍内のショップへも製品が供給されるようになる。

ミリタリーという過酷なフィールドにも適した耐久性と保湿性、そして動きやすさを兼ね備えたチャンピオンのスウェットシャツは、その高いクオリティーで信頼を獲得し、一躍アメリカ全土で注目される存在になっていった。

ミリタリースペックも認めたチャンピオン。古着の世界でミリタリーチャンピオンは、コレクター達の目の色を変える様な品として認識されている。

1989年チャンピオンはNBA(全米プロバスケットボールリーグ)の独占公式ユニフォームサプライヤーとなる。そして、1992年バルセロナオリンピック、1994年世界選手権、1996年アトランタオリンピックで圧倒的な強さを見せた、NBAスター軍団で構成されたあの”DREAM TEAM(ドリームチーム)”の公式ユニフォームはチャンピオンがサポートしていた。また、1996年WNBA(全米ウイメンズプロバスケットボールリーグ)が設立された際は、チャンピオンがオフィシャルスポンサーとしてサポートし、スポーツブランドとしての地位を確立した。

1924年ミシガン大学がスポーツ部のウォーミングアップ用ウェアとしてスウェットを購入した。当初はスポーツ部に学生たちがトレーニング時に着用していたが、それがやがてキャンパス内に広まり、一般学生たちにも人気になっていった。やがてそのウェアの需要の高まりに応えるためにBOOKSTORE(大学生協)内での販売が開始された。BOOKSTOREを通してキャンパスの一般学生にも広まり、カジュアルウェアとして進化してゆく。その後チャンピオンと全米大学の取引が開始された。大学内の生協である「BOOKSTORE」は、その名の通り当初は本や文房具しか販売していなかったが、大学名をプリントしたチャンピオンのスウェットシャツの導入をきっかけに、さまざまな日用品も扱うようになった。現在もアイビーリーグを含む全米2500校以上のBOOKSTOREで、チャンピオンの商品が販売されている。

いつの時代も品質にこだわり、より良いものづくりに挑戦し続けてきたチャンピオン。

機能的なデザイン・耐久性・素材・縫製といったひとつひとつのディテールにこだわるクラフトマンシップは現在も脈々と受け継がれ、日本でんも「ザ・キング・オブ・スウェットシャツ」として親しまれ、多くのファンに愛用される。

Sehm international

セムインターナショナル株式会社

〒813-0034 福岡市東区多の津1-12-3

TEL:092-622-5221

セムインターナショナルは、スウェットやTシャツなどを製造するブランド、CHAMPION(チャンピョン)の輸入・販売・卸を行なっています。

Copylight(C)2018 sehm group Co.Ltd.All Rights Reserved